ノンちゃんズ ファミリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 私の足・・色々なこと

<<   作成日時 : 2016/02/10 10:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日の昼間は、春一番かな?時々突風が凄かったけれど、夜空を見上げると、星が綺麗でした。
綺麗な星を見た後、ベンと一緒に遊び、一緒に眠りに付いた私です。


起床すると、一番にすることは、ペット部屋の暖房を目一杯上げて、部屋を温め始める。
朝8時、インコたちの一日が始る。


先月、右足を痛めてしまい、主治医から「一ヶ月足を使わない」という指示を頂き、妹に依存しながらの暮らしを続けてきました。
本日解禁日です。
御心配をおかけいたしましたが、足の状態はかなり完治に近いです。
昨日は、少しだけ庭に出て、庭のメダカたちの様子を観察しました。
妹の話しでは、雪のときには、睡蓮鉢は、かなり厚い氷が張っていたそうなので、メダカたちのことを心配していたけど、無事に氷の下で、氷が溶けるのを待ってくれたようです。
元気なメダカたちの姿を見て、安心しました。
残念ながら、毎年越冬している水草たちは、茶色に変色して絶滅状態でしたが、室内に入れたところで、ホテイ草は、越冬出来ていないと思うので、(かなりの光を必要とするので)想定内といえば、そうなのですが、命あるものなので、ごめんなさい!ですね。



と、前書きが長くなりましたが、

足を痛めてしまった頃、アンが、ゲージから「出たい」「出たい」と、放鳥を要求して来たときに、
「ノンちゃんは、足が痛いから、出すのは良いけど、ノンちゃんが、ハウス(ゲージのことをハウスを教えている)に、帰って!と言ったら、帰ってくれる?」と、協力要請をしたときに、アンは、「帰る」と言ってくれた。
一ヶ月間、アンはその約束を守り、実行してくれた。

サチは、アンがゲージに帰ると、寂しくなるのか、ソレに従うように帰ってくれた。
数度ほど、トモに手強い〜〜と、パワーを要したけど、インコたちも協力してくれて、放鳥無しの日は一度もなく、一ヶ月間を過ごすことが出来た。

私が足を痛めたと知った友人たちも「何か手伝おうか?」と、訪問くださったり、色々な人たち、動物たちに、心配をかけたり、協力貰ったりの一ヶ月を過ごしました。





弱音を吐くと、両足が不自由な中の行動というのは、トイレに行くのもパワーが凄く必要で、ヘトヘトになってしまい、日頃はお昼寝などしない私が、座っていてもいつの間にか、眠りに入ってしまうような日々でした。
このままでは、昼寝の習慣が付いてしまうかも?
父を介護する身の私にとって、それは、NG!なことなのだけど・・・
一体、私、どうなるのだろうか?と不安を抱えなくは無かったけど、足の回復に従い、昼間睡魔に襲われることもなくなり、今の感じでは、右足を痛める前の暮らしが出来そう
そう思い始めたのは、先週くらいでしたが、それでも、油断してはいけない、今を大事に過ごさないと、後悔するかもしれないと、自分に言い聞かせて、今日を迎えました。



皆さん、この場からも、有難う御座いました。
心配をおかけして、ごめんなさい。

徐所に以前の暮らしを取り戻していけると確信しているこの頃です。






アンもトモも、サチを赤ちゃん扱い?と思うような光景をボーっとしながら、何度か目にしました。


画像



私の足が辛そうというのを、アンとトモは、理解して、サチの面倒を見てくれているように見えた。




画像



家族って、良いね。
友だちって、良いね。


と、病むと、今更のように、暖かさに触れ、有り難い

そう思う日々を過ごした私でした。


画像



皆さん、有難う御座いました。


私は、大丈夫



ブログもこの所、沢山更新することも足の苦痛なく、出来てました。




今日からは、家事など溜まってしまったやりたいことをやろうと思っているので、パソコンの前に座ることが減るかな。。


そんな風に思ったりしてます。


庭のメダカたちもそろそろ春を感じ、活動し始めると思うので、水換えなどしなくては・・・です。
(私の住んでいる所では、メダカたちは、3月下旬くらいから、産卵が始まります。)




インフルエンザが猛威を振るっているようです。
皆さんも御自愛なさり、御活躍下さいね。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

私の足・・色々なこと ノンちゃんズ ファミリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる